日本刀の歴史について

現存する最古の在銘刀というのは、伯耆国安綱という人が作ったものであり、彼のことを「日本刀工の祖」という説もあります。鎬造りの彎刀である太刀の出現というのは、平安中期以降と言われており、これは長寸にして騎馬戦で使いやすいようになっているものです。この長寸で反りが高く進化した太刀というものは、武士団の勢力が増大しはじめた11世紀後半以降から、盛んに作られるようになったそうです。武士団の勢力が増大しはじめたからだそうです。(前九年の役、後三年の役以降)
平安中期から江戸時代になる直前、慶長年間より前までにつくられた刀剣類は古刀に分類されました。上古刀というのは、刀身と柄が一体の共柄ということでしたが、太刀、刀、脇差というのは、刀身と柄は別々に製作されています。そして竹目釘というもので、刀身と柄は接合一体化されていました。
古刀期以後の日本刀というのは、反り、鎬造り、目釘が特徴であり、刀剣類として国宝第一号に指定されたのは、名物童子切安綱というものです。これは天下五剣の一振りとのことです。安綱という人は、平安時代後期の伯耆国の刀工であります。日本刀における「名物」というのは、伝説や伝承が残っている由緒ある刀剣のことをいいます。童子切の名前は「源頼光が丹波大江山に棲む酒呑童子という鬼の首を切り落とした」という伝説から由来しているのです。
鎌倉時代以降は、日本刀の製作がとても活発になり、それは武家の政治の体制になったからであります。この頃から多くの名工が出て、日本刀の姿形もそれぞれの時代を反映したものに変わってきていました。また、このころから短刀と薙刀の製作も盛んにおこなわれるようになり、日本刀はどんどん成長を遂げていきました。

日本刀とお金

 日本刀と言えば宗教的色彩ばかりが注目されますが、刀としての、つまり武器としての発展もきちんと遂げてきました。典型例は槍の発展でしょう。元々は長い柄に尖頭を付けただけのお粗末な武器でしたが、日本では独自の発展を遂げたのです。それは刀を先頭に付けるというアイデアでした。鎌倉時代にはすでに登場し、室町時代にもなると主要な武器として大活躍しました。この槍の起源を探ると、九州の豪族が開発したと思われます。
 さて、いつの時代も政府は財源の確保に頭を悩ませるものですが、昔は刀剣が財源となったこともありました。室町時代を例に取りましょう。実は当時、日本は海外に武器を輸出していました。日本刀の機能、装飾が高く評価されたためです。そこで当時の明に対して、日本刀を生産、輸出していました。中国が日本刀に注目したのは平安時代のことでした。既に宋王朝が関心を寄せていたと言われています。日本刀の美的価値、機能性を確かなものだと認識したのです。室町時代には実用的な発展を見せ、遂には大量生産、輸出に漕ぎ着けたというわけです。職人の技術は同時代に飛躍的に向上し、中国人も美的価値よりも切れ味に注目するようになりました。大量生産にはそうした背景があったのです。
 日本刀が幕府の財布を満たしたわけですが、武士は皆この事態を歓迎しました。何故なら、仕事が生み出されることにもなったからです。戦国時代においては、磨いた武芸で武者修行に向かい、「首取り」で名を上げることがステータスでした。ですからその首取りに役立ってくれる日本刀は、自分の出世を助けてくれるものでもあったのです。とはいえ、当時の合戦は白兵戦のようなものではなく、弓や槍を中心とした武器が使われました。

平和と刀

 日本刀という表象は決して戦争を肯定するものではありません。平和を願う気持ちから発現している文化だと言えます。実際戦争の只中で、日本刀の神性を信じて勝利と平和を願ったのでした。天皇から司令官や大使に下賜された日本刀は、権力委任の象徴として大切に扱われました。続日本紀のような古い文献にもその模様が描かれており、元明天皇が与えた刀を蝦夷将軍が大切に扱い、任務が終わった後に返納したとされます。武家政権が続いてからはこうした儀式は簡素化しましたが、日本刀という表象が持つ意味を現代に伝えています。
 ところで皇室における日本刀とはどのような意味を持つのでしょうか。草薙の太刀はすぐに思い浮かべられますが、三種の神器以外にも知りたいものです。皇室には他にも神聖視してきた刀が存在します。壺切御剣などもその一つでしょう。宇多天皇が授けた刀剣で、以後は儀式として定着しました。もちろん刀剣を造ったのは皇室ではなく藤原家で、基経が献上したと考えられています。皇室とは儀式そのものなので、藤原家が栄華を誇った時代は儀式が簡素化したり、蔑ろにされたりしました。例えば11世紀には御一条天皇の意向による立太子に藤原家が反対し、壺切御剣の献上が実現しませんでした。皇室と儀式と刀剣の関係性を考える上で、非常に興味深いエピソードです。
 刀剣の文化は長い歴史を誇りますから、もはや神性の話に留まらず、歴史学的な解明にも貢献することがあります。例えば古墳から出土した鉄剣には、様々な情報が眠っていることでしょう。実際、稲荷山古墳から発見された刀剣には、銘文が隠されていました。保存処理によって出現したのです。その銘文の一部から分かったのは、雄略天皇の側近の功績と共に、ヤマト政権の勢力の地理的範囲でした。

日本刀と精神論

日本刀を、様々な精神論と結びつける考え方というのは、昔から、非常に多く見られており、有名な執筆も存在するなど、様々な解説が見られていることは、皆さんも、ご存知の通りであると思いますが、刀というものが、自分自身、つまり、武士社会にとっては、それぞれの人の、分身であるというふうに考えられていたため、その重要性は、非常に高かった、というふうに考えられるわけです。一人の人間が、刀を振って、鍛錬をするということは、自分自身を鍛えることにつながり、刀を磨くということは、自分自身を研磨するということにも、つながるという、相互の、関係にあったということは、まさに、武士道の精神を、ね強く表しているものだと考えられるでしょう。今や、日本刀を持つことは、非常に難しくなり、模造刀を用いた、レクリエーションや曲エクササイズが流行っている、現代においても、決して、この意味は変わってないというふうに考えられます。つまり、模造刀であっても、つるぎを人に向かって構えるということは、それだけで、緊張感を、持つ必要があるものであり、稽古が終わった後に、模造刀を磨いたりするということは、自分自身への、問いかけになるということを、よく、理解しておく必要がある、と言えるでしょう。このような、バックボーンを十分に知らないままに、日本刀や、模造刀を持ってしまうということは、歴史を全く知らないまま、過ごしているということにもなってしまいますし、武士道精神に、大きく反しているというふうに、考えられるでしょう。このような人が、日本刀や、模造刀を用いて、いくら鍛錬をした、という風にしても、精神的な成長は、決して望むことができない、という風にも、考えられなくもありません。

居合道の稽古について

型稽古は1人で行われることが多いです。その際に、自分の中に「仮想の敵」をイメージして稽古をします。型稽古では、この仮想の敵に対して、型の動きで立ち向かい、制していきます。型稽古の方法は流派などによって様々で、多少異なることもありあす。その中には仮想ではなく実際に相手をつけて複数の人数で稽古を行う場合もあります。基本的には居合道の稽古は1人で行うことを基本としているため、稽古したい際に稽古相手を探してその相手と予定を合わせたりして行う必要ないため自分の都合空いた時間に稽古をすることが可能です。この点は忙しい毎日を送っている現代人の生活にも都合がよく、稽古しやすいといえるでしょう。また、1人で稽古をするということは、自分の体力や技術に応じて無理のない運動ペースを自身で調節しながら稽古ができる点も利点といえるでしょう。これらから、居合道は、無理なく継続して稽古を続け、心身をしっかりと鍛錬していくができる武道といえます。そして、居合道では、多くの場合において竹刀や木工刀は使用せず、刀もしくは真剣、稽古用模擬刀を用いて稽古を行うという点が大きな特徴です。武士に憧れている人や、目指す人にとって道衣や袴を着用し、さらに、刀を腰に帯びた姿になれ、さらにその上で、腰の刀を鞘から抜き放ちつつ稽古をすることは、姿も武士に近くなれるので大きなロマンや武士の醍醐味を感じさせる魅力があるでしょう。このように、実際に刀と触れ合えることで、刀が持つ魅力について深く実感していくことができ、刀が持つ武器としての特性についても身近で学び、習熟していくことができます。居合う道は1人で始められるという点を含め、個人が尊重される世の中で、個性を消し、型に染まるとい現代では他に見ない方法であるため、現代人にとっては自分と向き合う新たな方法になるといえるでしょう。

居合道の起源

現代もサムライ文化を継承すべく居合道というものがあります。剣道や柔道同様に伝承されており、多くの人に学ばれている武道のひとつなのです。居合とは、戦国時代の武士が修業中に修得した技から始まっているとされています。その後の江戸時代では武士たちにとって居合は重要な武芸のひとつとして多くの人々によって修練されたといわれています。居合の特徴のひとつとして、まずは型により稽古を行う武道であることです。その型を反復して繰り返して稽古することにより、心身を鍛錬していくことが居合道の稽古の大きな特徴のひとつといえるでしょう。その型とは、こちらに敵意のある相手に対して、腰に帯びている刀を鞘から引き抜きつつ、その相手が仕掛けてくる攻撃を封じていき、相手を制し、勝負が決定した後において最後まで気を抜かず刀を鞘に納め、平素の状態に戻るところまでのことを言うことが多いです。ただ、本来はこちらが刀を抜かずとも、相手を制していくことこそが居合道の最も目指すところとされています。この居合道の型は、先述した通り武士の時代から伝えられたものも多く、武芸の達人あった武士たちが努力と工夫を凝らした末に生み出した動作であり、先人たちが残しくれた偉大な文化遺産であるといえます。そして今もこの文化は生命力を持ち続けています。現代において私たちが居合道を学ぼうとした際には、型の動きから逸脱することやそれぞれの個人の癖を出してしまうことないようにしていくことが大切なのです。型に自分を合わせるので、自分自身の持つ我を消し去るという表現が一番しっくりくるでしょう。そして、我を消し去るという行為が、普段抱えている悩みや不安、しがらみなど、さらに利害や欲望などからも解放されるという不思議な効果ももたらしてくれるそうです。このような心の浄化も型稽古の持つ素晴らしい魅力の一つであるといえるでしょう。

手掻初代包永

手掻初代包永(てがいしょだいかねなが)は鎌倉中期、大和の刀工集団手掻(転害、天蓋)派の始祖とされています。そして手掻派という流派の代表的な刀工となります。手掻初代包永は天蓋平三郎と称していたそうです。
著名作はいくつもあり、その中には国宝もあります。長さ73センチ、反り2.7センチ。1931年1224日に重要文化財に指定され、その後1952年11月22日に国宝指定された手掻包永太刀です。この太刀は現在静嘉堂文庫という専門図書館及び美術館に収蔵されています。静嘉堂文庫美術館として常設の美術館になっているので、この太刀を実際目にできるチャンスはあるのかもしれません。
「享保名物帳」という八代将軍徳川吉宗の命令で集められた、本阿弥家で鑑定した上押形をとっていた名物刀剣台帳のことをいいます。その享保名物帳の追記部分にあたる「昔之名剣御所之剣」に手掻包永の打った名物が追加されているそうです。昔之名剣御所之剣は初期の享保名物帳には記載されないそうです。詳細が判明しており、「謹案に此御剣現に御物なり。院御料御伝来とあり。長二尺二寸六分、金造雲毛彫の御立ち造」と書かれているそうです。
他にも名物が二振ありますが、児手柏という刀は焼身(やけみ、やきみ)になっています。焼身とは火事などで高熱で火入れが入ってしまった刀身のことを言います。火事などでなくなってしまった場合は焼失といいますので、児手柏は一応現存していることになります。現在は徳川ミュージアムが所蔵しています。
実際に目にかかることができるかはその時の運によりますが、焼身の刀身でも一見の価値があるのではないでしょうか。それが名刀工の仕事ではないかと考えます。

侍と日本刀

侍ということばは現代でも死語にはなっておらず、さまざまな文脈で用いられるのめにすることはありますが、実際のところ、「侍」という本質的なところから離れてしまっていることは致し方ないのですが、かつてあって今はなくなってしまった職業を褒め言葉の例えとして使うわけですから、現代の日本人にも、すくなからず侍のスピリッツが備わっているのではないかとは思わずにはいられません。日本語のなかで、昔の職業を誉め言葉のたとえにつかうのは、ぱっと思いつく限りだとサムライくらいしか浮かばないのではないでしょうか?実際、江戸時代あたりまで存在した「侍」というものに、自分自身を磨き、誠実に社会を渡り歩いたというイメージが強く残っているからこそ現代にも残っているのではないでしょうか?日本では遥か昔から、何事も心技体が揃っていなければ、特に国を動かすような大きな事を成すことはできないという考え方がありますし、全ての要素のうち、一つでも欠けてしまうと大成することはできないというふうにも言われてきました。これは武士にとっても同じで、心技体をしっかりと鍛えることが重要で、その時に、必ずと言っていいほど用いられたのが刀なのです。ここで用いられている刀、つまり「日本刀」とはまごうことなき真剣であり、迂闊に稽古を行ってしまえば、自分自身を傷つけてしまうこともあったと聞いたことがあります。十分な知識と鍛錬によってうみだされた技術、何よりも才能によって紡がれてきた歴史があるわけですね。そして、日々の鍛錬と稽古に対して、ひたむきかつ実直に向き合っていた武士は人々の尊敬を集め、また、現代においても、褒め言葉のたとえとして出てくるほど浸透していることは、日本人として、特に、誇りに思ってもいいのではないでしょうか。

 

日本刀とツルギ

日本刀と西洋の剣の違いについて、あなたはどれだけ挙げることができるでしょうか。同じ「武器」であり「切るもの」でありながら、その差は似て非なるものであるということを見て行きましょう。まず、日本刀は「切り裂く」ことを第一目的としているとされ、何と言っても切れ味重視であるとされており、使用方法としては、対象物に刃を当て、引き切るというスタイルであると言えるでしょう。また、鋭利であることが求められたこともあり、万身は薄く、片刃であることが特徴と言えるでしょう。対する西洋の剣は「叩き切る」ことと「突く」ことを目的としているとされ、斬撃力と貫通力といったものが重視されたとされており、使用方法は、対象物に対して振り下ろすか突き刺すかという力任せによるものが多いとされているようです。そのため、刀身は厚く重い上、多少の刃こぼれがある場合も武器として機能を維持できることが追求されているようです。このため、刀身の形状は両刃がポピュラーと言われています。

この2つは種類の豊富さといった点でも異なる部分が多く、日本刀は平安時代初期ごろから刀身に「反り」が入って以降、時代を通じてほぼ同じような形態であるものが多いとされるが、対する西洋の剣というものは多くのバリエーションへと派生していると言われている。中世では、騎士が使用したとされるロング・ソードや、刺突専門と言われるレイピア、片刃で湾刀という特徴的なサーベルと言うように、時代や地域によって様々なスタイルを確立し、進化していったとされています。もちろん日本刀も「古刀」「新刀」「新々刀」と言うように、微細な相違は見られるものの、西洋の剣のような大きな改変はされていないことがうかがえるのではないでしょうか。

日本刀から生まれた言葉

現代にも残っている言葉で、日本刀から生まれた言葉というものは意外と多いと言えるのではないでしょうか。例えば、目貫通り。「目貫」とは日本刀の柄にある部分を指しており、鮫皮と柄巻組の聞に巻き込まれている小さな金具の事をいうそうです。これは、刀の外装を整える役割の他に、柄を握った時、手に馴染むように調整するといったような重要な役割を担っている部分でもあるとされ、刀の中心線に正確に巻き込まれているものとされています。この中心線を、古くより「目貫通り」と呼んでいるとされ、このことから、町の中心を真っ直ぐに走る繁華街を「目貫通り」と呼ぶようになったと言われています。また「反りが合わない」という言葉もよく耳にするのではないでしょうか。これはもともと、刀身と、それを収める鞘とが合致しないことを表した言葉とされており、現代では主に、人間関係がうまくいかない状況を表す場合に使われているのではないでしょうか。しかし、まったく合わないというよりは、表面上うまくいっているように見えているが、実は違和感が否めないといった場合などの時に「反りが合わない」と言われることが多いのでっはないでしょうか。その他にも「鍔ぜり合い」という言葉も残っており、この本来の意味としては、「斬り合い」であるとされるが、これは、真剣同士での実戦の際、無我夢中で斬り合い、その結果、お互いの鍔と鍔がぶつかり合うくらいの接近戦になりやすいということから生まれた言葉であるようです。つまり、スポーツの試合などで、力が拮抗し、接戦になるといった様子を「鍔迫り合い」と表現するようになったのではないでしょうか。そのほかにも「切羽詰まる」「土壇場」「焼きを入れる」「折り紙付き」など、多くの由来の言葉が残っており、そういった意味を調べてみるのも面白いのではないでしょうか。