繁慶ほか

繁慶というのは、江戸時代前期の武蔵国の日本刀・新刀の刀工だそうです。もとは鉄砲工で初銘は、清尭だそうです。徳川家康に仕えたそうです。駿府において刀鍛冶に転向したそうです。鉄砲鍛冶の技を活用して鍛刀に励んだそうです。相州上工の正宗、郷義弘、越中則重を彷彿とさせるそうで愛好者も多いそうです。久國というのは江戸時代中期の土佐国の人だそうです。戸田氏。土佐国幡多郡出身だそうです。上野大掾國益の門人だそうです。のちに養子になったそうで、木村平右衛門尉と改名したそうです。上京して、近江守久道二代に入門したそうです。上野大掾を受領したそうです。のちに上野守となったそうです。土佐藩主山内豊敷に拝謁して、自作の刀五振りを献上したそうです。久道の初代は江戸時代の山城国の刀工だそうです。堀六郎兵衛。本国は近江国野洲だそうです。和泉守来金道に学んで大成したそうです。近江守を受領したそうです。久道三代は、江戸時代中期の山城国の人だそうです。十九歳のときに、近江守を受領したそうです。江戸の浜御殿において鍛刀したそうです。三ヶ月間の在府中に、徳川将軍家蔵刀の正宗、一文字を拝見することが許されたそうです。若狭正宗、児手柏包永写しを拝命したそうです。廣次というのは、江戸時代前期の肥前国の人だそうです。中山廣右衛門。平戸に移住した筑前左の一派である平戸左の末裔だそうです。松浦家に仕えたそうです。廣信というのは、江戸時代前期の山城国の人だそうです。伊藤権左衛門。弘包は、江戸時代初期の摂津国の人だそうです。弘包初代で、文殊八左衛門、または八郎右衛門と称するそうです。大和伝に華麗な大阪新刀の作風を導入したのだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です