刀装具の美しさ

日本刀の美しさは、刀身にスポットライトが当てられがちですが、刀装具も、実用的な中での限られた美を追求する、凛とした緊張感のある美意識がそこに見つけることができます。刀は武器として人々に使われることを目的に、作られ始めたことから、実用性や機能性を兼ねたものが形として表れています。時代の中では、時として装飾品や美術品としての役割を果たしてきておりますが、本来の機能美や実用美が、日本刀の価値を高めているとも言われています。刀剣コレクターの中には、刀身に注目を集める人々もいれば、刀装具に注目いるような人々もいるようです。刀剣は、美術品としての鑑賞ポイントは人それぞれですが、刀身にも、装具にもお互いにストーリーがあり、歴史が紡がれているようです。刀剣は、時に人の命を奪うものでありますが、命を守るものでもあるのです。このような緊張感が、日本刀には備わっているのだと感じる瞬間があります。コンパクトで小さな刀装具にも、武士たちは、命を託してきた歴史がそこにはあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です