太刀と刀の違い

太刀と刀の違いは、その使い方にあります。太刀は刀よりも歴史が古く、平安時代には大量に生産されました。当時は腰帯にぶら下げて使うのが一般的でした。一方、刀の台頭は室町時代以降ですから、刀は腰に差して使うものとなりました。戦国時代になると、戦いの主流が騎馬から歩兵に変わったため、扱いやすい刀が重用されるようになりました。
 刀身の反りについても時代が変われば異なります。古代は直刀でしたが、平安時代以降に反りが加えられるようになりました。反りを加えたのには理由がありました。反りがあれば、長い刀身でも抜きやすくなるため、また力の伝わり方が効率的になるためでした。つまり扱いやすく、軽い力で相手を深く傷つけられる刀が主流となったのです。ところで短刀に関しては鎌倉時代まで反りが加えられませんでしたが、室町時代に入ると、徐々に反りが出現するようになりました。
 日本刀を造る上で、その材料に気を配ることは欠かせません。優れた日本刀を造るためには優れた材料を使う他なく、材料は日本刀の魂とも言うべきものです。材料の中核は玉鋼と呼ばれるもので、砂鉄から出来る鋼の一種です。玉鋼は元々「たたら製鉄」で製造されていましたが、近代以降は洋式高炉で生産されるようになりました。ヨーロッパの製鉄技術を取り入れてからしばらくの間、「たたら製鉄」は軽視され続けました。しかしたたら製鉄を抜きにして日本刀の再現は叶わないことから、戦後はたたら製鉄の復元が試みられるようになったのです。尽力したのは日本美術刀剣保存協会でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です