刀の役割

刀はそれぞれの部分によって、役割が決まっており、相手が振り下ろしてきたけんを受ける場所としての役目を果たすこともあれば、切りつける際に、なるべく鋭く相手に届くように加工する必要がある、と言うこともあるかもしれません。日本刀が好きな人にとってみれば、この辺りの刀の一部分に、とくべつな思いを抱く人はとても多いというふうにも言われており、非常に面白い部分であるといえるかもしれません。刀がもっともその実力や真価を発揮するものの一つとして、バロメーターのように機能するものとすれば、当然、切れ味であるという風に言えるかもしれません。アートや芸術心の一つとして考えるのならば、美術的価値として、鑑賞するということも役目の一つであるという風に言えるわけですが、元来の、日本刀というものは戦で用いるものであり、そう簡単には折れたりせず、曲がったりせず、使いやすいというようなことが、必要条件であったという風に言えるかもしれません。そして、これに加えて、何よりも現代では絶対に使ってはなりませんが切れ味というものも、重視されていたのではないでしょうか。日本刀が、第一線の武器として使われていた時代においては、どれだけ相手にダメージを負わせられるか、ということが重要になってきていたために、洗練されていったというふうに考えられるわけです。ただし、現代においても、日本刀がしっかりと切れ味を持っているということを、どのように証明すれば良いのかということについては、意見が分かれている点であるという風に言えるかもしれません。つまり、どのように定義すればよいのか、ということや、切れるということが、一体どのようなものを指すのかと言うことも含めて、考えなければならないというわけです。最近では、テレビ番組などでも日本刀を用いた切れ味の検証などが行われていることも多いわけですが、そのようにしてバラエティ的に取り上げた切れ味というものが、果たして本当の刀の切れ味であるかどうかという点については、異論が多い所であるという風に言えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です