日本刀の歴史について

現存する最古の在銘刀というのは、伯耆国安綱という人が作ったものであり、彼のことを「日本刀工の祖」という説もあります。鎬造りの彎刀である太刀の出現というのは、平安中期以降と言われており、これは長寸にして騎馬戦で使いやすいようになっているものです。この長寸で反りが高く進化した太刀というものは、武士団の勢力が増大しはじめた11世紀後半以降から、盛んに作られるようになったそうです。武士団の勢力が増大しはじめたからだそうです。(前九年の役、後三年の役以降)
平安中期から江戸時代になる直前、慶長年間より前までにつくられた刀剣類は古刀に分類されました。上古刀というのは、刀身と柄が一体の共柄ということでしたが、太刀、刀、脇差というのは、刀身と柄は別々に製作されています。そして竹目釘というもので、刀身と柄は接合一体化されていました。
古刀期以後の日本刀というのは、反り、鎬造り、目釘が特徴であり、刀剣類として国宝第一号に指定されたのは、名物童子切安綱というものです。これは天下五剣の一振りとのことです。安綱という人は、平安時代後期の伯耆国の刀工であります。日本刀における「名物」というのは、伝説や伝承が残っている由緒ある刀剣のことをいいます。童子切の名前は「源頼光が丹波大江山に棲む酒呑童子という鬼の首を切り落とした」という伝説から由来しているのです。
鎌倉時代以降は、日本刀の製作がとても活発になり、それは武家の政治の体制になったからであります。この頃から多くの名工が出て、日本刀の姿形もそれぞれの時代を反映したものに変わってきていました。また、このころから短刀と薙刀の製作も盛んにおこなわれるようになり、日本刀はどんどん成長を遂げていきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です