日本刀とお金

 日本刀と言えば宗教的色彩ばかりが注目されますが、刀としての、つまり武器としての発展もきちんと遂げてきました。典型例は槍の発展でしょう。元々は長い柄に尖頭を付けただけのお粗末な武器でしたが、日本では独自の発展を遂げたのです。それは刀を先頭に付けるというアイデアでした。鎌倉時代にはすでに登場し、室町時代にもなると主要な武器として大活躍しました。この槍の起源を探ると、九州の豪族が開発したと思われます。
 さて、いつの時代も政府は財源の確保に頭を悩ませるものですが、昔は刀剣が財源となったこともありました。室町時代を例に取りましょう。実は当時、日本は海外に武器を輸出していました。日本刀の機能、装飾が高く評価されたためです。そこで当時の明に対して、日本刀を生産、輸出していました。中国が日本刀に注目したのは平安時代のことでした。既に宋王朝が関心を寄せていたと言われています。日本刀の美的価値、機能性を確かなものだと認識したのです。室町時代には実用的な発展を見せ、遂には大量生産、輸出に漕ぎ着けたというわけです。職人の技術は同時代に飛躍的に向上し、中国人も美的価値よりも切れ味に注目するようになりました。大量生産にはそうした背景があったのです。
 日本刀が幕府の財布を満たしたわけですが、武士は皆この事態を歓迎しました。何故なら、仕事が生み出されることにもなったからです。戦国時代においては、磨いた武芸で武者修行に向かい、「首取り」で名を上げることがステータスでした。ですからその首取りに役立ってくれる日本刀は、自分の出世を助けてくれるものでもあったのです。とはいえ、当時の合戦は白兵戦のようなものではなく、弓や槍を中心とした武器が使われました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です