日本刀と精神論

日本刀を、様々な精神論と結びつける考え方というのは、昔から、非常に多く見られており、有名な執筆も存在するなど、様々な解説が見られていることは、皆さんも、ご存知の通りであると思いますが、刀というものが、自分自身、つまり、武士社会にとっては、それぞれの人の、分身であるというふうに考えられていたため、その重要性は、非常に高かった、というふうに考えられるわけです。一人の人間が、刀を振って、鍛錬をするということは、自分自身を鍛えることにつながり、刀を磨くということは、自分自身を研磨するということにも、つながるという、相互の、関係にあったということは、まさに、武士道の精神を、ね強く表しているものだと考えられるでしょう。今や、日本刀を持つことは、非常に難しくなり、模造刀を用いた、レクリエーションや曲エクササイズが流行っている、現代においても、決して、この意味は変わってないというふうに考えられます。つまり、模造刀であっても、つるぎを人に向かって構えるということは、それだけで、緊張感を、持つ必要があるものであり、稽古が終わった後に、模造刀を磨いたりするということは、自分自身への、問いかけになるということを、よく、理解しておく必要がある、と言えるでしょう。このような、バックボーンを十分に知らないままに、日本刀や、模造刀を持ってしまうということは、歴史を全く知らないまま、過ごしているということにもなってしまいますし、武士道精神に、大きく反しているというふうに、考えられるでしょう。このような人が、日本刀や、模造刀を用いて、いくら鍛錬をした、という風にしても、精神的な成長は、決して望むことができない、という風にも、考えられなくもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です