居合道の稽古について

型稽古は1人で行われることが多いです。その際に、自分の中に「仮想の敵」をイメージして稽古をします。型稽古では、この仮想の敵に対して、型の動きで立ち向かい、制していきます。型稽古の方法は流派などによって様々で、多少異なることもありあす。その中には仮想ではなく実際に相手をつけて複数の人数で稽古を行う場合もあります。基本的には居合道の稽古は1人で行うことを基本としているため、稽古したい際に稽古相手を探してその相手と予定を合わせたりして行う必要ないため自分の都合空いた時間に稽古をすることが可能です。この点は忙しい毎日を送っている現代人の生活にも都合がよく、稽古しやすいといえるでしょう。また、1人で稽古をするということは、自分の体力や技術に応じて無理のない運動ペースを自身で調節しながら稽古ができる点も利点といえるでしょう。これらから、居合道は、無理なく継続して稽古を続け、心身をしっかりと鍛錬していくができる武道といえます。そして、居合道では、多くの場合において竹刀や木工刀は使用せず、刀もしくは真剣、稽古用模擬刀を用いて稽古を行うという点が大きな特徴です。武士に憧れている人や、目指す人にとって道衣や袴を着用し、さらに、刀を腰に帯びた姿になれ、さらにその上で、腰の刀を鞘から抜き放ちつつ稽古をすることは、姿も武士に近くなれるので大きなロマンや武士の醍醐味を感じさせる魅力があるでしょう。このように、実際に刀と触れ合えることで、刀が持つ魅力について深く実感していくことができ、刀が持つ武器としての特性についても身近で学び、習熟していくことができます。居合う道は1人で始められるという点を含め、個人が尊重される世の中で、個性を消し、型に染まるとい現代では他に見ない方法であるため、現代人にとっては自分と向き合う新たな方法になるといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です