居合道の起源

現代もサムライ文化を継承すべく居合道というものがあります。剣道や柔道同様に伝承されており、多くの人に学ばれている武道のひとつなのです。居合とは、戦国時代の武士が修業中に修得した技から始まっているとされています。その後の江戸時代では武士たちにとって居合は重要な武芸のひとつとして多くの人々によって修練されたといわれています。居合の特徴のひとつとして、まずは型により稽古を行う武道であることです。その型を反復して繰り返して稽古することにより、心身を鍛錬していくことが居合道の稽古の大きな特徴のひとつといえるでしょう。その型とは、こちらに敵意のある相手に対して、腰に帯びている刀を鞘から引き抜きつつ、その相手が仕掛けてくる攻撃を封じていき、相手を制し、勝負が決定した後において最後まで気を抜かず刀を鞘に納め、平素の状態に戻るところまでのことを言うことが多いです。ただ、本来はこちらが刀を抜かずとも、相手を制していくことこそが居合道の最も目指すところとされています。この居合道の型は、先述した通り武士の時代から伝えられたものも多く、武芸の達人あった武士たちが努力と工夫を凝らした末に生み出した動作であり、先人たちが残しくれた偉大な文化遺産であるといえます。そして今もこの文化は生命力を持ち続けています。現代において私たちが居合道を学ぼうとした際には、型の動きから逸脱することやそれぞれの個人の癖を出してしまうことないようにしていくことが大切なのです。型に自分を合わせるので、自分自身の持つ我を消し去るという表現が一番しっくりくるでしょう。そして、我を消し去るという行為が、普段抱えている悩みや不安、しがらみなど、さらに利害や欲望などからも解放されるという不思議な効果ももたらしてくれるそうです。このような心の浄化も型稽古の持つ素晴らしい魅力の一つであるといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です