侍と日本刀

侍ということばは現代でも死語にはなっておらず、さまざまな文脈で用いられるのめにすることはありますが、実際のところ、「侍」という本質的なところから離れてしまっていることは致し方ないのですが、かつてあって今はなくなってしまった職業を褒め言葉の例えとして使うわけですから、現代の日本人にも、すくなからず侍のスピリッツが備わっているのではないかとは思わずにはいられません。日本語のなかで、昔の職業を誉め言葉のたとえにつかうのは、ぱっと思いつく限りだとサムライくらいしか浮かばないのではないでしょうか?実際、江戸時代あたりまで存在した「侍」というものに、自分自身を磨き、誠実に社会を渡り歩いたというイメージが強く残っているからこそ現代にも残っているのではないでしょうか?日本では遥か昔から、何事も心技体が揃っていなければ、特に国を動かすような大きな事を成すことはできないという考え方がありますし、全ての要素のうち、一つでも欠けてしまうと大成することはできないというふうにも言われてきました。これは武士にとっても同じで、心技体をしっかりと鍛えることが重要で、その時に、必ずと言っていいほど用いられたのが刀なのです。ここで用いられている刀、つまり「日本刀」とはまごうことなき真剣であり、迂闊に稽古を行ってしまえば、自分自身を傷つけてしまうこともあったと聞いたことがあります。十分な知識と鍛錬によってうみだされた技術、何よりも才能によって紡がれてきた歴史があるわけですね。そして、日々の鍛錬と稽古に対して、ひたむきかつ実直に向き合っていた武士は人々の尊敬を集め、また、現代においても、褒め言葉のたとえとして出てくるほど浸透していることは、日本人として、特に、誇りに思ってもいいのではないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です