安宅切

初代福岡藩主である黒田長政の父・黒田官兵衛こと孝高は、智謀知略の軍師として知られています。
人的損失の大きな合戦を避ける傾向にあり、武士でありながら官兵衛がその生涯で殺めた人数は2人だけと言われています。
そのうちのひとりを斬ったのが、この安宅切です。

四国統ーに迫っていた長宗我部氏は、もともと織田信長と良好な関係を築いていましたが、長宗我部に圧迫されていた阿波の三好氏が信長に援軍を求め、長宗我部の勢力拡大に危機感を覚えた信長は、羽柴秀吉に三好救済を命じます。
そこで秀吉の名代として四国に赴いたのが、黒田官兵衛でした。

安宅切は、柄の縁に赤鋼、頭に金、鍔は 鉄、鞘には金、鎗に銀を使用しており、色彩は柄に朱、つまみ巻は茶、鞘は緑と 金色と非常に豪華絢爛で、文化財的な価値が高い刀です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です