日本刀の“産地”

「産地」と言うと、ちょっと変に思うかもしれませんが、日本刀が主に作られている地域を調べてみました。

古刀で見ると、作られていた平安時代の頃に有名な刀工がいた場所は、大和(奈良)、山城(京都)、備前(岡山)、相州(神奈川)、美濃(岐阜)の五カ所となります。

・大和(奈良)
大和は、日本刀の産地としては一番古いとされています。
それは、奈良には古くから都があったため、刀の需要が高く、刀工の発祥の地とも言われています。
主な刀工は、千手院派、当麻派、尻懸(しっかけ)派、保昌(ほうしょう)派、手掻(たがい)派など、大和五派と呼ばれる流派があり、そこから名刀が生み出されてきました。
大和物の造込みは鎬が高く、鎬幅が広いのが特徴です。
しかし、大和(奈良)は、あまり日本刀を作るのには向いていない土地でした。
日本刀を作るためには、大量の木炭と良質の砂鉄が必要ですが、大和では木炭はそれなりに手に入りますが、砂鉄は取れません。
それでも、日本刀作りが盛んになったのは、奈良に都があったからだと言われています。

・山城(京都)
山城では、平安中期から江戸初期まで盛んに作られ、著名な刀工は、粟田口(あわたぐち)、三条派、来(らい)派などが知られています。
山城の日本刀は、地金は板目流れごころがあり、刃文は直刃仕立ての優美なもの多いようです。
また、山城も大和と同様に、大量の木炭と良質の砂鉄の調達には不向きな土地にもかかわらず、日本刀が作られるようになったのは、京に都があったからでしょう。

・備前(岡山)
備前は吉野川下流を中心に栄え、長船派、一文字派、畠田派が知られています。
備前の特徴は、焼き入れの温度が低いことにより刀身が堅くならず、折れたりすることが少ないと言われています。
また、一文字派は丁子乱(ちょうじみだれ)の刃文が有名です。
備前は、平安時代から幕末にかけて、長い間作り続けている土地です。
それは、他の産地に比べ木炭や良質の砂鉄が取れ、刀作りに適した土地柄だったからです。

・相州(神奈川)
相州は、鎌倉時代の都であった神奈川県の鎌倉に、他の地から移り住んできた刀工によりできました。
著名なところでは、日本刀の代名詞となっている正宗(五郎入道正宗)が有名です。
相州の特徴は、巧みな卸し金の手法により高温で焼き入れを行い、地には地景が、刃中に金筋が見られます。
そして、大和とは反対に鎬が狭いのも特徴です。

・美濃(岐阜)
鎌倉後期頃に、大和などから移り住んできた刀工により作られ、志津三郎兼氏や関孫六兼元などが知られています。
そのため、美濃の刀には大和の流れを感じさせる反面、逆の面も見られます。
美濃の特徴は、板目が流れ、板目肌が肌立ち、白けています。
なお、造り込みはやや薄めのものが多く、先反りがあり、切れ味が良い、実用的な刀だと言われています。

このように日本刀の産地を見てみると、備前以外は材料の砂鉄と燃料の木炭の調達に不利な土地柄でありながら、日本刀の産地となりました。
やはり、日本刀の産地とは、都のあった土地と言うことになるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です