薙刀(長刀)と長巻

日本刀の仲間に、全体が長い薙刀(薙刀)と長巻(ながまき)と呼ばれる刀があります。
長い刀と言うことで混同されやすいのですが、実は、別の刀なんです。
簡単に言うと、薙刀は槍や矛のように柄(え)の先に刃が付いたもので、長巻は柄(つか)の長い大太刀です。

・薙刀
薙刀は、長い柄の先に反りのある刀を取り付け、離れて攻撃できる武器です。
薙刀の起源は色々と言われていますが、「矛」の「斬る」機能が強くなって薙刀になったとも言われています。
以前は長い刀と言うことで「長刀」と言われていましたが、敵を「薙ぎ払う」という意味で薙刀と言われるようになったそうです。
刀身の先端は幅広で強い反りがあり、遠心力で勢いをつけて、先の方で斬りつける戦い方をしていました。
また、茎(なかご)もかなり長く、長い柄に納めて使用されていました。
薙刀は、平安時代後期から使われ始め、鎌倉時代中期はもっとも盛んに作られていました。
地上戦である徒戦(かちいくさ)では主要な武器として使われました。
そして、江戸時代に入ると、女性のたしなみとして、護身用として用いられるようになり、短い薙刀が作られました。
ちなみに、弁慶が愛用していたのが薙刀で、刃の部分だけでも三尺五寸ぐらいあり、かなりの長さだったと言われています。

・長巻
長巻は、太刀から進化した刀で、刀身の長い太刀を振りやすくした武器です。
見た目も薙刀ほど反りがなく、刃の長さが三尺と柄の長さが三尺の六尺ぐらいの柄の長い刀です。
元となったのは、野太刀や大太刀と呼ばれた刀身の刃の部分が長い刀で、重く、振りにくい刀でした。
その大太刀は、鎌倉時代頃から豪傑を誇る武士が使うようになりました。
しかし、実戦ともなると長くて重い太刀は使いにくく、徐々に柄が長くなりました。
柄を長くすることによりバランスが良くなり、振り回しやすく、威力も増すようになりました。
また、長くなった柄を持ちやすくするために、柄の中程に糸を巻く中巻がはやり、多少非力な者でも扱えるようになりました。
なお、戦術が隊列を組む集団戦になってくると、振り回しやすくなった反面、集団戦には向かなくなってきたため、槍に取って代わられたようです。
そして、江戸時代になると、長すぎる刀の禁止令が出たため、さらに衰退していきました。