時代に見る日本刀の種類

今、日本刀と呼ばれている刀は、太刀もしくは打刀が多いと思います。
しかし、そのほかにも日本刀の仲間はいくつかあり、時代とともに生まれたり、変化したりしています
そのいくつかの刀を時代とともに紹介します。

・古墳時代の刀
古墳時代は、日本では青銅製の刀が作られていました。
それは、直刀で、両刃の剣(つるぎ)だったようです。
その後、剣は鉄製にかわりましたが、今で言う日本刀とはかけ離れていましたので、日本刀には含まれません。

・飛鳥時代・奈良時代の太刀
聖徳太子に代表される飛鳥時代には、直刀の片刃の刀が使われていました。
この時代の刀は直刀で、腰から下げる「太刀」でした。

・平安時代の太刀・薙刀(なぎなた)
平安時代になると、馬上で使うための太刀に反りができました。
この頃の戦いは馬上から斬りつけるために、反りが強くて長い刀が多かったようです。
薙刀は平安時代から生まれ、鎌倉時代にかけて使われていました。
馬上での一騎打ちや地上戦の歩兵達にも広く使われました。

・鎌倉時代の大太刀・小太刀・短刀・長巻
鎌倉時代から、武士には豪腕さを誇るための、刃の大きな太刀が使われるようになりました。
そして、さらに大きな刀ができ、長巻(ながまき)となりました。
また、小太刀は、貴族達が武士がつけていた太刀をまねして、かごに乗っても邪魔にならない短い太刀を作らせたと言われています。
短刀は、大太刀が主流だった戦場で、組合いになったときの接近戦用の武器として生まれました。この頃は腰刀とか、懐刀と呼ばれており、短刀と呼ばれるようになったのは江戸時代からです。

・室町時代の打刀・小刀(小柄)
室町時代中期頃から、太刀を短めにして腰に差す打刀できました。
現代につなぐ日本刀(打刀)の形ができてきました。
備前長船や豊後平高田が有名な時代です。
また、小刀(小柄)は鎌倉時代後期頃から見られましたが、今の小刀と呼ばれるものになったのは室町時代頃です。

・江戸時代の脇差し
脇差しは、安土桃山時代からあったとも言われていますが、江戸時代に武家諸法度により二本差しが定められてから本格的に作られました。
武士は、大刀(だいとう)を本差しにして小刀を脇差しとして腰に差していました。
ちなみに、武士でなくても脇差しのような小刀を持つことを許されていましたので、さらに脇差しの需要が高かったようです。