日本刀の構造と名称

日本刀は、刀身と呼ばれる刃の本体と柄(つか)や鍔(つば)、鞘(さや)など、それだけでも美術品として美しい部位から成り立っています。

●刀身
・刀身は、日本刀本体の刃(刀)であり、部分的には次のように呼ばれています。
・切っ先(切先・鋒)は、刃の最先端です。
 時代により、幅や長さ、曲がりが異なります
・物打(ものうち)は、切っ先から三寸ほどの部分で、物を斬るときに一番使う部分です。
 強靱に作られています。
・峰は刃の反対側の部分です。
 「峰打ち」とは、この部分で相手を打つことです。
・鎬(しのぎ)は、刃と峰の境目のことです。
 「鎬を削る」とは、お互いの刀の鎬を削り合うほど激しく斬り合うことから、「激しく争う」ことのたとえとして使われています。
・はばきは、刀を鞘に収めたときに抜けにくくするための金具で、刃と茎(なかご)の間にはめます。
・茎(なかご)は柄に覆われる部分で、刀工の銘や年代などが刻まれています。
 時代により、形が異なる物があります。
・目釘穴は茎に付いている穴で、刀身が柄から抜けないように目釘を差して固定するための穴です。

●柄(つか)
刀を持つときに握る部分で、とても重要な部分です。
刀身の茎(なかご)の部分に木でできた柄を取り付け、目釘を打って固定します。
その上に握りやすく、滑りにくくなるように、柄糸を巻き、柄がしらをはめて仕上げます。
この糸の巻き方で、日本刀の価値が変わることがあります。
なぜなら、美術品としての日本刀の中でも、価値を決める重要な部分だからです。

●鍔(つば)
刀を持つときに手を保護するためや、刀全体のバランスを調整するための金具です。
また、刀で突いたときに、握った手が刃に届かないためでもあります。
円形や角形など形があり、彫刻がされたいたり、透かし彫りになっている物もあります。
そのため、鍔だけでも美術品としての価値があります。

●鞘(さや)
刀身を納める筒です。
木製で、主に朴の木が使われていました。
朴の木はあまり堅くなく、強度もありますので、刃を痛めず、しっかりと守ることができます。
西洋の刀剣では金属を使った物もありますが、日本刀では金属を減らし、軽く・刃を傷めない材質を使うようになりました。
なお、「反りが合わない」と言う言葉は、日本刀の刀身と鞘の「反り」が合わないと、刀身が鞘に収まらないところから来た言葉です。

日本刀は、このような微細な作りの積み重ねによりできています。
この緻密さが美しさにつながっているとの見方もできるでしょう。