太刀と刀

一般的に日本刀と言うと「刀」を思い浮かべますが、実際には「太刀」と「刀」があります。
「刀」は、正式には「打刀」(うちがたな)と言います。
(ここでは、「打刀」と記します)
どちらも大刀(だいとう)で、腰につけて戦いますが、使い方が違うため、作りが違っています。

・太刀
太刀は、腰につり下げて着用します。
そして、この腰につけることを「佩く」(はく)と言います。
これは、太刀は馬上で使用することを前提として作られているからです。
平安時代や鎌倉時代の戦闘は馬上戦が基本で、馬上でも邪魔にならず、抜きやすいように考えられています。
そして、馬上で抜いたときに危なくないように、「刃」が下を向くようになっています。

・打刀
室町時代以後は馬上戦でなく、地上で歩行して戦う「徒戦」(かちいくさ)用になりました。
そのため、すぐに抜けるように腰の帯に差して持ち運びました。
つまり「帯刀」と言うのは、この腰の帯に差すことなのです。
打刀は、「刃」が上を向くようにして腰に差します。
これは、何かあったときにも、すぐに切りつけられるためです。
よく見る時代劇の居合い切りは、刃を上にしてかまえているのを見たことがあると思います。

・太刀と打刀の刀身の違い
太刀は、時代的に古刀であり、馬上戦用と言うこともあって、刀身は長めで反りが大きめです。
打刀は、抜きやすいように少し短くなり、反りも小さくなりました。
また、柄の中に収まる茎(なかご)にも違いがあります。
それは、茎に入る刀工の銘の位置です。
刀工の銘は、刀を左腰に持ったときに、身体の外側になる側に入っているからです。
太刀は刃を下にして佩きますので、そのときの外側(佩表)に銘が入ります。
逆に、打刀は刃を上にして差しますので、そのときの外側(差表)に銘が入ります。

・太刀と打刀の展示の仕方
鞘に収まっている状態でしたらどちらか分かり易いですが、もし、刀身だけでは太刀か打刀かが分かり難いものです。
そこで、美術館や博物館で展示してある刀がどちらかを見分ける方法があります。
基本的に、展示は本来の刀の持ち方に合わせています。
つまり、太刀は刃が上を向くようにして佩くものですので、展示も刃を上にして飾っています。
打刀は刃を下にして帯に差しますので、展示も刃を下にして飾ります。
この展示の違いで、太刀か打刀かがわかります。
また、上記のように刀工の銘の位置でもわかると思います。

このように、日本刀は時代によって色々な顔を持っていますので、知ってから見に行くと、また新しい感動を受けることでしょう。
まだ見たことがないという方も是非、展示会などに出かけて、色々な刀を実際にその目で見てみるのはいかがでしょうか?